2020/09/10 BATTLE FIELD BK90NR

2022年4月6日

落とし込み釣り専用リール

PEラインでは仕掛けをうまく落とし込みできなかったので、やっぱりヘチ釣り専用のリールを使うことにしました。にしても、いきなり高級機には手が出せませんので、入門機ですがamazonで評価が高く3,500円ぐらいだったプロマリンのバトルフィールドというタイコリールを迷わず購入しました。

プロマリン バトルフィールド 黒鯛 BK90NR

箱から出すと値段の割に高級感があります。後日釣行後に水洗いしていると、近所の人に「うわっ!高そうなリールですね!」と言われました😅。そして90gという驚異の軽さです。

開梱

内容物

巾着袋が付属しています。ただし、この巾着袋のヒモを縛ってもすぐに緩むので、竿に付けたままこの袋で包んで歩いていたらいつの間にか外れて落としてしまい200m取りに戻った、ということがありました。

サイズ感

僕は身長180cmで、手のひらにちょうどいいサイズです。手の小さい人は一回り小さいBK80NRがいいと思います。

回転性能チェック!見よ!この回転を!

評価の中に、個体差によって回転の良くないハズレもあるとの報告もありました。僕のはハンドスピナーほどは回りませんでしたが、後日実際に使ってみて特に問題はないと思っています。

糸巻き

これに第一精工の高速リサイクラー2.0を使って、同時に購入したヘチ釣り専用のナイロンラインを巻いていきます。スピニングリールにはスーパーラインマーキーを使いましたが、両軸・片軸リールはよじれが発生しないので高速リサイクラーを使います。

高速リサイクラーを机の端にでも固定して、薄いボビン用の短い方のシャフトを付属のネジで固定します。(大きいボビンを付ける場合は長いシャフトを使います。)

シャフト(短)の取り付け

ヘチ釣り専用のラインは黒鯛ISM 落とし込みMARK-WIN 2~3号がおすすめです。1m毎にオレンジとグリーンの蛍光色のマーキングがしてあり、海中へスルスルと落ちていくのがよく分かります。チヌは夜釣りでも釣れるらしいので蛍光色のマーキングは必須です。

ボビンのシールの真ん中にボールペンで穴を開けます。

穴あけ

高速リサイクラーに取り付けます。

ボビンの取り付け完了

ボビンの上側から糸が出るようにすれば良いでしょう。

ドラグ調整

スプールにある程度の圧を加えて巻きますので、高速リサイクラー側のドラグを少し締めます。

タイコリールの糸の巻き方は、糸がスプールの上側から出るように巻きます。僕はベイトリールは右手で巻く主義なのでタイコリールも右手で巻く事にしました。なので下の写真のように糸がハンドルを右にして上側から出るように巻いていきます。タイコリールは右手巻き・左手巻きの区別がないので、左手で巻く人は下の写真とは逆向き巻いていきます。

巻き始め

最初の5巻きほどは糸が滑るので手で巻きます。

糸の巻き方(右手ハンドル用)

右手巻きの人は上の写真のように糸が出るようにします。いつもとは逆方向にハンドルを回すので慣れるまでちょっとやりにくいです。タイコリールはギア比が1:1なので100m巻くのがとても大変でした。

タイコリールはストッパーがありませんので、バックラッシュに要注意です。うっかりしていると勝手に糸が出て行ってモジャモジャになってしまうかもしれません。移動時は輪ゴムを使えばいつのまにかバックラッシュしていたなんてことも防げます。

チヌ専用のハリス

糸巻き完了

次回、これを使ってヘチ釣りに挑戦します!ハリスは1.5号を同時に購入しましたが、ちょっと細かったかな?「水に溶け込むグレーフロロ」と書いてあり、先日のガンクロでPEラインを見た途端に逃げた見えチヌ様に効果あるか期待です!

今回の教訓

  • 特になし