2020/06/18 MEIHO ランガンシステムボックス VS-7080N

2021年8月14日

ボートでのスーパーライトジギングやタイラバをする場合、BM-5000ではちょっと大きいので一回り小さいのはないかな~と探しているとちょうどいいのがありました。バケットマウスシリーズではないのですが、同じMEIHOさんのVERSUSブランドから出ているRun&Gun SYSTEM BOX VS-7080です。

コンパクトで座れるランガンシステムボックスVS-7080Nの特徴

Run&Gun SYSTEM BOXの中で唯一(2020年時点)上に座れるのがこのVS-7080になります。

僕は後から発売されたVS-7080Nを買いました。「N」付きの方は、「N」無しの型番に比べて次の違いがあります。

  • ツートンのミリタリーカラーでカッコイイ
  • ハンドルストッパー機能付き
  • 少しだけお高い
VS-7080N

ハンドルストッパー機能

ハンドルを立てて上の写真の矢印部のレバーを押し込むとハンドルが固定されます。このハンドルストッパー機能により、ロッドを差した状態で持ち運ぶ際にバランスが傾くのを防いでくれます。オカッパリでランガンする時に非常にありがたい機能です。

メーカーサイトに分かりやすい写真があります。

ハンドルストッパー機能

フタは、バケットマウスは両側から開けますが、VS-7080は片側にしか開きません。まぁ、マルチハンガー付けたらバケットマウスも片側しか開けないんですけどね。

インナーハーフトレイ

VS-7080N インナーハーフトレイ

VS-7080/VS-7080Nはインナーハーフトレイが2つ付いています。一方は水抜きダクト有り、一方は無し仕様です。このインナーハーフトレイがすこぶる使い勝手が良いです!

インナーハーフトレイ

というのも、このインナーハーフトレイは多目的ホルダーへそのまま装着できるんです。

中仕切り

こうしておけば現場で仕掛けを作る際に、パーツやツールをポイッと置いとけます。キレイ好きな僕としては非常にありがたい機能です。なんだかホワイトベースを連想します。あくまで個人的な感想です。

システム収納例

VS-7080N 使用例

↑VS-7080にはインナーストッカーBM-SストッカーBM-3010BM-3010Dがジャストフィット!

システム収納例

↑BM-3010+BM-3010Dの代わりに、タイラバストッカーVW-2010NSフリーケース800NSVS-3010NDMを収納してみました。

使用感

インナーハーフトレイにはSFCシリーズのLサイズが収納できます。

BM-5000とVS-7080Nのサイズ比較

BM-5000とVS-7080N

バケットマウスBM-5000ランガンシステムボックスVS-7080Nを大きさを比較してみました。上の写真ではあまり変わらない大きさのように見えますが実際はもっとコンパクトです。

BM-5000

バケットマウスのなかで一番小さいBM-5000でもこの大きさです。

VS-7080N

こうして見るとVS-7080Nの方が一回り小さいのがわかりますよね。

今回の教訓

  • VS-7080とVS-7080Nを比べたら、ちょっと高いけど絶対VS-7080Nの方がおすすめです。