2022/08/19 二見人工島 タコ釣り

2022年8月27日

タコ釣り今季6回目です。これまで本荘人工島で毎週不本意な結果に終わっています。

先週、本荘人工島のテトラ帯は根掛かりが酷いと常連さんから教わったので、今日は二見人工島に来ました。

いや、人から教わらんでも、これだけロストしてたら自分でわかるやろ、と思われるかもしれませんが、タコ釣りとはそういうもの(=根掛かりは避けられない)だと思っていましたので…。

天気晴れ
気温 23.0~30.8’C
北北東3~南南西3m
沿岸波高0.2m
小潮
満潮03:47
18:44
干潮10:21
当日の気象情報

結果から申しますと、今回も釣れませんでしたので、釣り場の紹介だけやっときます。

二見人工島のメインの釣り場は東側と南側のテトラ帯と東二見防波堤になります。

広大な釣り場面積がありますが、秋になるとジギンガーでいっぱいになります。

ちなみに僕はここで釣具の盗難に遭ったことがあります。持ち物からは目を離さないように注意しましょう!

二見人工島 東側

仕掛けはこれまでと同じマルシン漁具のタコエギ199円です。あー、この色を使うのは初めてです。

タコエギに鯖の切り身を装着
07:52 マルシン漁具のタコエギに鯖の切り身を装着

朝イチは足場の良い防波堤から狙ってみようと思います。

ここには何度か偵察に来た事あるんだけど、防波堤までどうやって行くんだっけ?

右手の一般車道は狭く、平日は交通量が結構あるのでモタモタしてると車に轢かれそうになりますので気を付けましょう。若い釣り客の車もけっこう猛スピードで走っていますので轢かれないように注意しましょう。

この入口の看板から左手へUターンする方向に進むと防波堤があります。

東二見防波堤

平日なので空いてます。駐車場が遠いということもあり土日でもそれほど混み合うこともないのかなと思います(未確認)。

そして誰も釣れていません。サビキですら釣れていません。聞いたところではここはカレイやキスのポイントらしいです。

海面からの高さが5mぐらいあり、本荘人工島よりもだいぶ高いです。

この日は晴れて風も弱いのでめちゃめちゃ暑かったです。ファミリーフィッシングの方たちもつまんなさそうです。

素人目に見ても潮通しが良いとは言えない感じで、釣れる気がしませんでしたので5投ぐらいで撤退しました。

東側テトラ帯

東側テトラ帯には1つだけ足場があります。土日はこのスペースに4グループぐらい入っているらしいです(ホンマか?)。今日は平日なので2組だけ入っていました。入ろうと思えば入れますが僕はちょっと遠慮しときます。

当然ですが、南へ行くほど潮通しが良くなっていて釣れそうな雰囲気です。

テトラの積み方がちょっと乗りにくい傾斜が付いています。最近足元が覚束なくなってきているので危険です。この足場の北側は5投ぐらいして終了。足場の南側には帰りしなに入りましたが潮が北から南へ意外と速過ぎて釣りになりませんでした。

二見人工島 南側

朝日の暑さから逃れるように南側へ原チャリで移動します。

南側テトラ帯の東側

二見人工島の南東角は激戦地で、今日もフカセ釣りの先客が入っていました。潮の流れはかなり速いです。

僕は南東角から50mぐらい西の所からランガンを開始しました。

南側のテトラ帯はまだ乗りやすいです。

ここには帰りしなにもう一度来ました。何故かはわかりませんが、時間帯は違うのに2回とも、この辺りは潮の流れが他よりも穏やかでした。たまたまそうだっただけかもしれませんが釣りはし易かったです。

ただし、蛸壺のブイが他と比べて全然少ないので、タコ釣りのポイントとしてはあまり良くないかもしれません。

南側テトラ帯の中央

南側テトラ帯のほぼ中央に位置する足場です。立ち入り禁止です。

10年前ぐらいは入れていたらしいです。どういう用途の足場なのかはわかりませんが、管理者が釣り客を締め出したということなのでしょう。

釣り人はこれ以上釣り場を無くさないためにも、マナーを備えましょう!

それにしても、今日は晴れて風も弱いので暑さが酷いです。頭がボーとして熱中症気味です。釣りに夢中になりすぎてうっかりしていましたが、コンプレッションウェアの上に着た綿のTシャツを脱ぎ忘れていました。汗でビチョビチョです。これを脱いだらスーッと涼しくなりました。朝、原チャリに乗ってる時は少し肌寒かったので着てたのですが、うっかりしてました。体温調節には気を付けないと、ですね。

釣れないのでどうせなので西の端まで行ってみます。

原チャリに乗って風を受けると爽快です。

南側テトラ帯の西端

護岸道路を西端まで来ると、二輪車が普通に入れるスロープがありました。

自動車も数台は停められるスペースがあります。

南西角にも当然ですが先客が入っていました。ここから東側へ200mぐらい行ったところで100mぐらいランガンしましたが釣れませんでした。

ここから西側を望むと本荘人工島が見えます。隣の芝生は青く見えると言いますが、タコを狙うなら二見人工島よりも本荘人工島の方が釣れそうな気がします。蛸壺のブイの数が本荘人工島沿岸の方が断然多いからです。

根掛かりロストは一度もありませんでしたが、結局今日もタコは釣れませんでした。

今回の教訓

  • 東二見防波堤は足場は良いがタコ釣りには向いていない気がする。
  • 東二見防波堤はキスやカレイのポイントらしいので底は砂地なのだろう。
  • 二見人工島の南東角から100mぐらい西側は何故か潮が緩く、根掛かりもほとんど無くて、この日はここが一番釣りやすかった。ただしタコが釣れるポイントかどうかと言えば違うと思う。
  • 根掛かりロストはしなかったが、恐らくそういう場所はタコも少ない。
  • 真夏はコンプレッションウェアの上に着た綿のTシャツはすぐに脱がないと熱中症になる危険性が高い。