2020/09/13 明石海峡 タイラバ

2022年4月9日

ヘチ釣りに夢中になっている最中、友達からタイラバに誘われました。久しく食べれる魚が釣れてなかったので急ですが参戦しました。

マリーナ

朝のうちは小雨がパラつく予報でしたがあえて合羽は持って行きませんでした。風は1~5m、波は0.5~1mほどでした。前日情報は竿頭で二桁という触れ込みでしたので、僕も「余裕ッしょ!」と高を括ってました。

05:34 明石海峡大橋

5:30集合です。さて今日はどんな一日になるのでしょうか。釣れるに決まってる。🤭

05:38 マリーナ

三井アウトレットパーク神戸マリンピアの横のマリーナです。いつ来てもキレイです。

05:39 鋼鉄のセキュリティゲート

マリーナは部外者立ち入り禁止です。僕はパスコードを知らないので友達が来るのを待ちます。

出港

ほどなく友達が来て一緒に中に入ります。仕掛けを準備して6:00出港です。

06:11 出港

最初のポイントはマリーナからすぐのところです。近いっていいよね!

06:12 一投目(焦り過ぎて糸の通し方がおかしくなってる)

ポイントに着くと「今がチャアーンス!」と真っ先に仕掛けを落とします。

友達はタイラバはかなりの達人なので出し抜かないと僕に魚が回って来ません。しかし予想通り、後から仕掛けを落とした友達は一投目から鯛を釣り上げます。型は20~30cmぐらいで大きくありませんが、友達は次々に鯛を釣り上げます。僕の仕掛けにはアタリすらありません。なぜだ、なぜなんだあー!

07:02 釣れません

別のポイントに移動しましたが、そこでも友達は釣りまくります。

タイラバの釣り方

友達は「底から5m程まで巻いて、落とすときも『フォールレバー』強めで鯛にしっかり見せると良い」と教えてくれました。

友達も僕もリールはシマノの炎月プレミアムを使っています。炎月プレミアムには「フォールレバー」も装備されています。

教わった方法で、一度良型の鯛(手応えで鯛と分かる)がかかりましたが巻き上げる途中で外れてしまいました。何がいけないんだろうか。たぶん針を使いまわししているのがマズい。食いが浅いと外れるんだと思います。

ナブラが発生して、スピニングタックルを持ってきていた友達はナブラショットしていましたがヒットしませんでした。僕はベイトリールの1セットしか持って来ていませんでしたので見学です。今思えばいつも使ってるエギングロッドでも持ってくれば良かったかな。

ポイント移動

07:15 橋の下

(友達は)数は釣れますが小さいので大型狙いで別のポイントに移動します。

向かい風なのでミヨシ(船首側)に居ると波しぶきを被ります。

07:15 全速前進

トモ(船尾側)へ避難しました。とか言って最近覚えた専門用語をひけらかす僕。

07:44 橋脚近くに集まるジギング船

いつものようにジギングの船もたくさんいましたが、青物が釣れてる場面を一度も見てません。釣り客のボヤキが聞こえてきそうです。

釣りまくる友人と釣れない僕

この橋脚の間を何回か流しましたが、僕には一度アタリがあっただけで乗りませんでした。

08:24 色々試しました

オレンジ系が当たっているとのことでいろいろ試してみましたが僕のタイラバにはかかってくれません。

神の仕掛け

僕のタイラバを友達に見せて教えを請うと、ネクタイは全然悪くはないとのことでした。ただ、僕と違うのは友達は

  • 針をこまめに変えている
  • 針が小さい
  • シンカーにちゃんと塗装されたタングステンを使っている

ということです。あまりの悲壮感に友達(以後、この友達を単に神と略す)が「これ使ってみ」と仕掛けを用意してくれました。神と同じ仕掛けです。それでも僕の方だけアタリはなく、神はコンスタントに釣り上げています。まさに神です。

08:14 橋脚の土台のストラクチャ

橋の下は海峡の一番狭いところなので潮が一番早くなります。ここで先ほど神が渡してくれた仕掛けを根掛かりしてロストしてしまいました。1匹も釣らずにロストしてしまうなんて誠に申し訳ございません。

今日はもう開き直って、鯛を釣るよりも釣りをする行為を楽しもう、そうしよう。神「いやいや、一発逆転ホームランもあるから諦めずにがんばろう!」と応援してくれます。僕は涙目をぬぐって急いでFGノットをしてタイラバを再セットします。

待望のヒット!

09:44 ジギング船

10:00になりました。僕はまだボウズです。ジギンガーも一生懸命シャクっていますがまったく釣れてなさそうです。諦めている人もいます。近くにいた東田丸の「上げて。帰るわ。」の情け容赦のないアナウンスが虚しく聞こえてきます。

と、その時!船中3人が同時にヒットしました!僕にもヒットです!他の二人は竿が叩いていますので鯛ですが、僕の竿はヌルッ、ググンッ!という引き。どうやら青物のようです。この引き方は青物でしょう。時おりグイイと引き込まれドラグが鳴ってラインがどんどん出て行きます。あー、ハマチやな、と先に回収してタモの準備をしてくださる神と話しながら、雑に駆け引きしながら上げてくると、水面に上がったその魚影はなんと・・・かった!

10:16 うれしい1匹目

うおおー!!まじぇいすかー!!
神も驚きつつ素早く確実にタモ入れして下さいました。ありがとうございます!思わず神とエアハイタッチします。

10:17 58cmの鯛

自分を信じてよかった💓一発逆転って本当にあるんですねー。本当の神様が僕があまりにも可哀そう過ぎるから釣らせてくれたんでしょうか。58cm自己記録更新です。メモリアルな一枚になりました。まー、日本海なら普通なんでしょうけど、僕の更新前記録は42cmでした。ちなみに神(友達の方)は明石で70cm釣ってます。

2匹目

10:45 2匹目ゲトー!!

25cmぐらいのを追加できました。残念なことにこのあと記念すべきこのタイラバを根掛かりロストしてしまいます。

フィールドテスト

11:29 鯛の実(改)

なんか急に心に余裕ができたので、別の友達から「釣れないから絶対買わない」と言われたアセンブリ品(シンカーだけ別品)を使ってみます。が、結局これでは釣れませんでした。

TVの釣りの番組で、ヒロセマンが大阪湾では緑がよく当たる、と言っていたのですが、期待通りとはいきませんでした。

納竿

11:46 終了

最後の一流しして11:45に納竿となりました。

11:54 帰港

マリーナに戻ってきました。ポイントが近いっていいですよね!

曇り空ですがここだけオサレな南フランスのような風情です。

12:01 マリーナからマリンピア神戸を臨む

マリーナも美しい。さすが神戸、シャレオツですな。キャフェイ(cafe)にでも寄ってみようかしら。結局今日は予報の雨はほとんど降らず、暑くもなく寒くもなくちょうど良い天気でした。

釣果

12:10 3人の釣果(チャリコはリリース)

じゃーん!見てください!僕は2匹だけですけど、一番大きいのは(まぐれで)僕が釣ったんですよ!

調理

魚の中でも鯛はとりわけ美しくて美味しいです(あくまでも個人的な感想)。

15:22 まな板の鯛

帰宅しました。今から料理しますよ。そんな目で見ないでください。

15:53 うろこを取りました

うろこを取って下処理するだけで30分かかりました。100均のうろこ取りを使いましたが、うろこが飛び散るからサランラップをかぶせながら処理しました。最初からカバーがあれば作業もはかどりますね!

鯛さばくときあるある:うろこ取るのに必死になりすぎると背びれや胸びれのトゲがぶっ刺さりますのでご注意下さい。今回も僕は刺さりました。

今日は半分はお刺身にして、半分は柵にして1日だけ寝かせます。寝かせると旨み成分が増えて美味しくなるということを教えてもらいました。

19:20 お刺身

家族で美味しくいただきました。やっぱ鯛は旨いッス!(一晩寝かせてから刺身にした柵は更にウマシ!でした)
まあ、今日は釣れたから調子こいてますが、釣れてなかったら落ち込んでたでしょうね。

タイラバで釣れまくるタックルとは

神(友達の方)が鯛をバンバン釣ってた針は ダイワ 紅牙 中井チューン SS という針でした。

3回かかったら取り換えると言ってました。サイズはSだと大きいとのことです。庶民派の僕は3回で針を交換できるほどリッチメンではありませんのでフックシャープナーを使うつもりです。

第一精工のMC(ミリタリーカラーズ)シリーズはデザインがカッコイイですね!ちょっとお高いですけど持っているだけでモチベーションが上がります。

僕が58cmの鯛(←自慢)を釣ったときのネクタイは ダイワの紅牙 中井チューン オレンジゼブラ です。

針は船長も使っている ジャッカルの送掛け というやつです。

リールは僕も神もシマノの炎月プレミアムPGを使っていました。カウンターとフォールレバーが釣果に結びつきます。

HGとPGがありますが、大物が掛かった場合を考えるとPGの方が良い、と神が言ってました。

今回の教訓

  • 最後まで諦めずに竿を出し続ければ一発逆転はある!
  • 針はこまめに取り換える方が良い。
  • 瀬戸内海ではタイラバのネクタイは細めが良い。